サイトマップ

一度空き巣に入られてから鍵にこだわるようになった私

 私は、以前空き巣に入られたことがあるのですが、それ以来我が家の鍵にはこだわるようになりました。例えば、鍵にも不正解錠しやすい鍵とそうでない鍵とがあるようなのです。従って、玄関と勝手口にはディンプル錠というピッキング対策済みの錠前と交換しました。それから、ドアノブの横にドリルで穴を開けるサムターン回しという手口を使う空き巣もいるようなので、サムターンカバーも取り付けました。そして家の周りにある窓ガラスには、補助錠を取り付けました。さらに、防犯ガラスにすると完璧なのですが、ちょっと費用が相当高くなるので防犯シートを貼ることにしました。もちろん、防犯シートでも窓ガラスが割れにくくなるので、十分な空き巣対策にはなると思うのです。一応この程度でいいとは思ったのですが、何せ空き巣に侵入されたというトラウマがあるために、さらに家の周りには何箇所かセンサー感知ライトを取り付けました。万が一、夜空き巣が我が家の敷地内に侵入した時点で、センサーライトが感知をしてライトが点くようになっているので、空き巣もびっくりして逃げてしまうのではないかと思うのです。ところで、空き巣は一度味を覚えた家には、もう一度侵入するという話も聞いたことがあります。従って、もう一度侵入するかもしれない!という思いだけは忘れないようにしているつもりなのです。それから忘れた頃に、再び進入されるという可能性もあるので、気を付けていたいと思っています。ただし、例え空き巣が再チャレンジをしようとしても、ある程度までは防犯対策が完了しているのできっとあきらめるでしょうね。