サイトマップ

通帳と印鑑を二つに分けて鍵をかけて保管しておくべき理由

passbook_seal銀行の通帳と印鑑を、金庫や鍵付きの引き出しなどに保管している人は多いと思います。家族の資産を守るために、徹底した管理を心掛けるのは何よりも大事なことですよね。空き巣などが侵入することはそうそうないとしても、万が一の事態に備えておくことは重要です。特に防火金庫などであれば、火災などからも守ってくれるから安心できると思います。
そんな通帳と印鑑ですが、これらを同じところに保管するよりも、別々のところへ二箇所に分けて鍵をかけ、保管しておくほうがより安全です。片方は金庫、片方は鍵付きの引き出しで構いません。できれば両方とも防火金庫だといいですが、金庫が家に二つもあるなんて珍しいですしね。取り出す際に少し手間がかかりますが、紛れも無くそれは家族の資産ですから、手間よりも安全性を取りたいものです。
ではなぜわざわざ二箇所に分けるのか。やはり一番大きな理由としては、空き巣や泥棒への対策となります。一箇所にまとめて保管していた場合、それを見つけられてしまえば両方失うことになってしまいます。二箇所に分けてあれば、片方見つけてももう片方を見つけるのに時間がかかりますよね。物を盗む行為をする人たちは、時間がかかるのを嫌がります。両方見つけなければならないということで時間がかかり、諦めさせることが可能になるわけです。鍵の解錠も二回しなければならないわけですし。
他にも、災害が発生した際にどちらかが無事である可能性が生まれること、鍵が壊れて開かなくなった際に、とりあえずもう片方は取り出すことができることなどが挙げられます。一番安心できるのは、銀行の貸金庫を利用することですが、それだと毎回貸金庫へ出向かなければなりませんし、ある程度手軽でなおかつ安全性が高いのは、この「二箇所に分けて鍵をかける」ということになるでしょう。もし自宅に鍵をかけられる引き出しや金庫が二つ以上あるのであれば、ぜひ試してみてください。