サイトマップ

心配性な私はピッキングがしにくいカギに変えようか検討している

picking_keyこの春、私は子供のころから好きだった「英会話」を更に高いレベルで習得するため、関西地方の外国語学部がある大学に進学しました。この大学、学校内に多くの英語圏の外国人が留学生として通っていて、キャンパス内で自然に英会話スキルを高めることが出来るという、私にとっては願ったり叶ったりと言う素晴らしい環境が特徴です。

ただ反面、あいにくと私が元々両親と住んでいた静岡県からは通える距離になく、生まれて初めての一人暮らしをスタートさせることになったのです。
こちらでの住まいについては、母と一緒に色々と見学して相談の上決めました。24時間対応の荷物受取ロッカーがあるなど、お家賃抑え目の割りにはそこそこ新しい設備が揃っていて、基本的には良物件だと思っているのですが、ただ一転、「ここは交換した方がいいかも」と私が個人的に感じている部分があるのです。
それは、玄関ドアの鍵の部分。ここの部分が何故か、今どき「シリンダー錠」というピッキングされやすい形式のものになっているのです。先に挙げたよう24時間ロッカーがあるのに、どうしてこのご時世でまだ旧式の鍵なんだろうと、首を傾げるような仕様になっているのです。

ちなみに私は自他共に認める「心配性」な性格をしているようで、何か心配事があると不安で仕方がなくなってしまいます。実際、この鍵の件が気になって、夜何か物音がすると「ビクッ」として飛び起きてしまうのです。
このままこんな眠れない夜を何日も過ごすくらいなら、大家さんに断わってから玄関の鍵をピッキングされにくい形式のものに変えようかと、本気で検討しているのでした。